退職代行とバックレ、実はあまり違いが無い?決定的な5つのポイント

  • 退職代行にするかバックレるかで迷っている
  • 退職代行とバックレは何が違うの?
  • バックレのリスクってどんなの?

こんなお悩みを解決する記事です。

私は、会社の事務担当として退職代行の対応や退職者の対応を何度もしてきました。

個人的な見方もありますが、何人も退職者を見てきた経験からお話ししていきますので、参考になる内容になっていると思います。

この記事では、退職代行とバックレの決定的な違いから、バックレのリスク・デメリットをお伝えし、退職代行の使うことでどんなメリットがあるのかを解説しています。

退職代行とバックレの決定的な違いは5つ

退職代行とバックレの決定的な違いは5つです。

  • 退職日の確定
  • 会社とのやりとり
  • 有休消化、退職金
  • 会社とのいざこざ
  • 転職に影響

どれか1つ取っても後々かなり面倒で後悔するようなことですが、そんなことが5つもあるわけです。

次から順番に解説していきます。

退職日が確定する

まず1つ目は退職日が確定するかどうかです。

理由は、退職日が決まらないと退職処理が出来ないからです。

退職日によっては、社会保険料の徴収の有無が変わることもあります。

さらに、退職日が決まらないと、退職処理が出来ないので決まるまでは在籍のままです。

つまり、保険証の切り替えも出来ません。他の会社で働こうと思っても、社会保険料の二重徴収になる可能性もあります。

退職日が確定するかどうかでこれほど違いがあります。

会社とのやりとりが必要

2つ目は会社とのやりとりの有無です。

退職代行では退職のやりとりは任せることが出来るので、直接の関わりは全く無いと言えます。

ですが、バックレると当然会社から連絡が来るので応対をせざるをえません。

1つ目の通り、退職日が決まらなければ退職手続きも出来ませんので、やりとりは必ず必要になってきます。

どうしても上司に会いたく無い、会社へ行きたく無いという人は退職代行を使うべきです。

有給休暇消化、退職金が受け取れる

有給消化や退職金も受け取れるかどうか違いが出る可能性があります。

有休消化は、申請が無ければ使用されないものなので、バックレでは当然消化出来ません。

その点退職代行によっては有休消化の申請もしてくれるので、かえって有給の残数によっては退職代行費用以上のお金になるかもしれませんね。

退職金についても、支払われない可能性があります。通常退職とは異なり、バックレでは、無断欠勤による懲戒解雇となりかねないため支給されない可能性があります。

他にも、退職代行では未払い残業代の請求も依頼出来るところがあります。

いざこざが発生しない

当然と言えば当然ですが、バックレでは会社とのいざこざ、トラブルが発生しやすいです。

仕事内容によっては、損害賠償や訴えられることもあるかもしれません。それによっては退職が完了するまでにかなり時間が掛かってしまうこともあります。

それに比べ、退職代行ならしっかりと連絡が取れるため、トラブルになることもありません。

会社とのいざこざがあると、退職も遅くなり手間も増えるだけなので注意です。

転職に影響が出る可能性(懲戒解雇)

バックレは無断欠勤扱いになり、懲戒解雇の可能性があります。

懲戒解雇とは、民間企業において、就業規則に基づく懲戒の一つとして行う解雇のことで、懲戒処分の中では最も重い。労働者にとっての「死刑宣告」と例えられるように、予告手当も退職金も無く即日解雇され、離職票にも懲戒解雇を意味する「重責解雇」と記載されるため、その後の再就職も極めて難しい。

ウィキペディア

履歴書には必ずしも書かなければいけないという決まりではありませんが、離職票には「重責解雇」と記されます。

当然、賞罰の有無を聞かれた場合には、答える必要がありますので、転職に影響が無いとは言い切れません。

退職代行もバックレに含まれるのか?

実は、退職代行もバックレも実はそんなに変わらないと感じている人も多いようです。

理由は、結局は仕事を放り投げてしまったからというところです。

バックレにしても退職代行の即日退職にしても、その日から会社へ来ずに辞めてしまうのには変わりがないですよね。

それでも退職代行にはバックレて居なくなる人との違いはあります。

それも、かなり重大なことです。

次から解説していきます。

退職代行には即日退職もある

退職代行では、即日退職に対応するところもあります。

どうしてそれが可能かと言うと、理由は2つあって、有給使用と体調不良です。

法律では、退職までは2週間が必要になるのでその期間を有給で当てようと言うことですね。体調不良は2週間後まで出社不能だと言うこと。

どちらも、必ずしも会社がOKを出すかどうかというところだとは思いますが、それで失敗しているということはないようです。

違いは連絡があるかどうか

退職代行とバックレの違いは、連絡があるかどうか連絡が取れるかどうかです。

退職代行は、本人では無いものの退職代行がしっかりと連絡を取れるように間に入ってくれます。

バックレする人は、電話も無視してしまうので一才連絡が取れなくなりますよね。

そういったところからも退職代行とバックレは全く違うものだと言うことが分かると思います。

バックレのリスクとデメリットを解説

仕事をバックレていなくなることは本当に迷惑です。

私は会社で事務をしていますが、本人の意思確認が出来ない状態でかなり困ってしまうことが何度もありました。

1度だけ勝手に退職手続きを取ってしまい、逆に会社が不当解雇したように取られてしまったこともあります。
ですので、基本的にはバックレでは会社を辞めることは出来ない、ということを覚えておいてください。

私の事務の経験と知見からバックレのリスクとデメリットについて解説していきます。

バックレは無断欠勤扱い

バックレは無断欠勤です。

たとえ、有給が残っていても有給消化されることはありません。

無断欠勤ということは、懲戒解雇の対象になる可能性があります。

懲戒解雇になると、離職票に書かれますから、それだけでその後の就活に影響が出る恐れがありますね。

犯罪には当たらないまでも、バックレは前科1とカウントされると考えて良いかもしれません。

退職の手続きが大幅に遅れる

バックレると退職の手続きが大幅に遅れる可能性があります。

退職日が決まり、本人の意思確認が無ければ退職手続きは出来ませんから、基本的には連絡がつかない限りは手続きされないということですね。

さらには、連絡が付かなければ家族に連絡が行きます。

バックレをすることで家族までも巻き込んでしまい大変なことになります。

離職票は依頼が無ければ発行されない

離職票は依頼が無ければ発行されません。バックレでは当然発行しないですね。

退職すると必ず離職票がもらえると思っている人は多くいますが、それは間違いです。

離職票は失業給付を受け取るために必要なものなので、例えば退職の次の日から転職先で働く人には不要なものなのです。

なので、会社は依頼が無ければ離職票は発行しないと考えて良いです。

バックレはかなりのリスクがあるため退職代行に任せるのがおすすめ

バックレがかなりのリスクがあると言うのは分かっていただけたと思います。

最後に、バックレのリスクと退職代行のメリットをまとめて終わります。

バックレのリスクまとめ

バックレのリスクは以下の通りです。

バックレのリスク
  • 無断欠勤による懲戒解雇
  • 離職票に重責解雇と記される
  • 履歴書の賞罰欄がある場合には記入が必要
  • 転職に影響が出ることもある

退職代行のメリットまとめ

退職代行を利用することのメリットは以下の通りです。

退職代行のメリット
  • 解雇にはならない
  • 未払の残業代や有休消化、退職金も受け取れる
  • 転職に影響は出ない、転職サポート付きの退職代行もある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です